ポリマーの種類

ポリマーは、鎖の構造によって、主に以下の3種類があります。
(図はカチオンポリマーの例)
1.直鎖タイプ
ポリマーが長く一本繋がっているタイプです。
適切な分子量を選ぶことで、少ない添加量でよい効果が得られます。

2.分岐タイフ
一本の鎖に、短い枝が沢山生えているイメージです。
適切な選定により、中程度の添加量で効果的に排水できます。

3.クロスリンクタイプ
鎖が網目状に絡まる構造です。添加量を増やすと、
非常に効果的な排水性能と耐せん断性を発揮します。


コメントは受け付けていません。